トラブル発生

今日は2週間ぶりにTHE TOKYO TOWERSの建設現場に行ってみようと思いました。ところがトラブル発生です。

画像


駐車場に向かう途中、いやな予感はしました。最近車で遠出して無いし、この間乗ったのも2週間前だし。案の定、ドアロックが開きません。鍵で社内に入りエンジン始動を試みるもうんともすんとも言いません。バッテリ上がりです。慌てず親父の車のキーを取ってきて、ブースターケーブルで接続、セルを回すが、「カチッ、カチッ、カチッ」と心もとない音がするだけ。駄目です。JAFには入会していないので、自動車保険の会社に連絡してみます。私の加入している自動車保険には、キーロックやガス欠、その他故障時のロードサービスを24時間で対応してくれるサービスをつけています。早速着て頂いて難なくエンジンが始動しました。

「バッテリが古いわけではないので20分くらい走れば充電されるでしょう。」というロードサービスの方の言葉を信じ、勝どきに車でそのまま向かいました。渋滞が結構あって30分くらいで到着。さて、このままエンジンを切ったら又かかるんであろうか?でも車を離れずには写真を撮れません。仕方なくエンジンを切って写真を撮りに行きました。

さて、写真を撮り終え、恐る恐る車に戻って見ます。ドアロックは、開きます。ドアを開けるとルームランプも、付いています。さて、エンジン始動!っん?始動!...かかりません。やっぱり...再びサービスさんを呼んでもらいます。「20分くらい走って充電されないようであればバッテリを買い換えたほうが良いですよ。」とのアドバイス。デジカメを買ったばかりだし、狙っている家電もあり、バッテリ購入は大きな痛手です。とりあえず地元のオートバックスまで戻ってきました。ここでかからなければバッテリを買いに行きましょう。エンジンを切って再びかけてみます。今度はかかりました。何度やってもいつもの通り勢い良くセルが回ります。とりあえず今日は様子見ということでそのまま自宅に戻りました。

結局原因はルームランプの消し忘れ(オーバヘッドコンソール部のランプのドア連動、OFF/ONを設定すスイッチで、未だかつて触ったという記憶が無い)だったようです。それにしても昔であればバッテリ上がりなんかは自分で何とか処置していたのに、最近は「面倒くさい」という理由の元に、お金を払ってでも人にやってもらうことが多くなりました。それだけサービスが多様化しているということでしょうか。昔から言われる「もちは餅屋」のとおり専門家にやってもらうのが一番効率よく上手くいくのでしょうが、あまった自分の時間を有効に使うことをちゃんと考えないと、たんなる怠け者になってしまいますね。

肝心なTTT建設現場レポートは次回。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック