太陽光採光システム

画像


月曜日に比べるとそれほど暖かくなりませんでしたがすごしやすい1日でした。銀座では屋上ビアガーデンがオープンしたそうです。今日の産経新聞にこんな記事が載っていました。

 「私たちがほしいのは太陽の光」-。日当たりが悪い住宅やオフィスに太陽光を届けるために開発された「太陽光採光システム」を使い、東京都板橋区のマンションが、全戸への導入を条件に隣接マンションとの建設紛争を解決した。全戸への導入は全国でも初めてで、日照権に悩むマンション住民らには参考になりそうだ。(村島有紀)
 このマンションは十四階建て。一年ほど前、隣接する南側に十二階建てのマンション建設計画が判明。マンション間の距離は狭いところで一・六メートルしかなく、全三十五戸のうち二十九戸がほぼ一日中、日が差し込まなくなることがわかった。


マンションの住民たちは、当初建設計画の撤回を求めましたが、「重要事項説明書」に許認事項として「(将来)日照・通風・眺望などが害される可能性があること」という一文があったため、裁判で争っても勝ち目がないと判断して、日照を確保するという本来の目的を実現する他の方法として太陽光採光システムの設置を求めたそうです。当初の見積り価格は78百万、最終的には設置費用の2割をマンション住民側が負担する形で決着したそうです。

問題に対してその原因に単に反発するだけではなく、何が重要視すべきなのか(今回は隣にマンションを建てさせないことではなくて日照を確保するということ)というポイントを抑え、それを解決する他の方策を住民が一致団結して実現させた、というところに学習すべきポイントがありそうです。

この記事へのコメント

U´-ω-)
2006年05月05日 01:01
こんばんは。
10年前に仕事で行った有料老人ホームでこんな装置を見たことがあります。有害な波長はカットするので健康にいい、10分の1の光量でも植物の育成には理想的といったことが説明パネルに書いてありました…。
私は、山勝さんと同じ北東向きを買ってます。もちろん最大の理由は間取りですが、1期1次・真夏の購入者ゆえ、逆梁構造ゆえの直射日光に恐れをなした面もあるかも。
TTTでは数メートル先に壁ということはないので人間には十分明るいでしょうが、観葉植物のためにランプでも付けてやろうかとぼんやり考えています。
2006年05月06日 01:39
U´-ω-)さん、こんばんは。
新聞記事にも「有害な紫外線はカットする」とありました。人にも植物にもよさそうですね。
TTTでは確かに1日を通して日が当たらないところはほとんど無いでしょうから、このシステムは不要ですね。
U´-ω-)さんも北東面ですか。寒い季節は朝日が心地よいことでしょうが、夏の午前中は北に向いているといえども日差しが厳しいのではとちょっと心配しています。

この記事へのトラックバック